Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Commissioned Report
The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint Action Plan (Climate Change Response and Transition to a Green Economy), in consultation with the counterparts from Korea and China, based on results of the previous...
Discussion Paper
Author:
上海市は都市化規模と現代化水準の高まるにつれ、突発的な事件を誘発する要素も増えている。上海で発生する自然災害や人為災害の種類が多く、発生頻度も高いが、現在の上海市の総合減災システムは決して完全な状態にあるとは言えず、都市の災害防御能力もまだ比較的弱い。如何に都市安全や市民生命と財産を保障するかはすでに政府の優先課題となっている。本文はこのような状況を踏まえ、上海市民に対するアンケート調査結果に基づき、上海市民の防災減災意識を明らかにした上で、上海市の取組みの弱点について分析する。更に、防災減災教育や意識向上の重要性やその方策についても述べる。
Commissioned Report

上海-构建21世纪“弹性”城市研究报告

Author:
Discussion Paper

上海市のレジリエントシティ構築に関する現状分析及び政策提言

Author:
Commissioned Report
Author:
Background and objectives On 5-6 May 2013 the 15th Tripartite Environmental Ministers Meetings (TEMM15) was held in Kitakyushu, where the three countries engaged in opinion exchange on ten priority areas for environmental cooperation. From 2014, recommendations were made to specifically prioritise the strengthening of policy dialogue, collaborative...
Discussion Paper

关于上海市构建“弹性城市”的现状分析及政策建议

Author:
Presentation

上海市レジリエントシティの構築に向けた公共教育と意識調査研究

Author: