Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Working Paper
Although Japan and India have long considered the possibility of establishing the JCM as has been stipulated in joint statements between these two countries, an official bilateral document to start the JCM has not yet been signed. The JCM is one of the market-based mechanisms which involves Internationally Transferred Mitigation Outcomes (ITMOs)...
Working Paper
2005年に欧州でキャップ&トレード型の欧州連合域内排出量取引制度(EU ETS: European Union Emissions Trading System)が導入された。EU-ETSは世界で最も歴史の長いETS制度であり、世界の気候変動施策を先取りしたものとして、追随して行われている他の国内排出量取引制度のモデルにもなっている。EU加盟国間の大きな経済格差を含む複雑な事情と経済状況の低迷に対処する中、フェーズ1の実施からの14年間、現在に至るまで多くの課題への対処がなされてきた。しかしながら、試行錯誤的なものも含めて制度内容の変遷も大きく、非常に複雑な制度であることも否めない。 EU ETSに関しては、和文での文献、図書及びWeb上での情報は数多く存在し...
Book
廃棄物資源循環学会誌
Editor:
Hajime
Yamakawa
Tomohiro
Tasaki
2001 年に OECD が『Extended Producer Responsibility:A Guidance Manual for Governments』(以下,ガイダンスマニュアル) を発表して 15 年が経過した。その間,拡大生産者責任 (EPR) 制度の数は大きく増加しており,2013 年の OECD の調査では,確認できた384 の EPR 政策のうち 70 % 以上が 2001 年以降に導入されたと報告されている。384 の政策の約 90 % は先進国での導入 (州単位を含む) であるが,近年は中所得国にも広がってきている。この間,EPR に係る研究・経験が蓄積される一方,新たな課題も浮上してきた。 EU のプロジェクトにおいても EPR 政策がレビューされ...
Keywords:
Working Paper
Author:
Supat
Wangwongwatana
This report presents the existing EIA systems and implementation practices in Thailand as of December 2014 and their challenges and recommendations. Chapter 1 provides an overview of the systems of assessment (EIA and environmental and health impact assessment or EHIA) and their procedures; Chapter 2 identifies major challenges and opportunities...
Working Paper
Research on short-lived climate pollutants (SLCPs) has been based more on air pollution and energy models than how existing policies affect the model’s recommended actions. This article analyses how Thailand’s policies influenced attempts to control a critical source of SLCPs: open burning. In 2012, Thailand’s Pollution Control Department (PCD) led...