Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Commissioned Report

平成29年度パリ協定の実施に向けた 詳細ルールの検討・情報整理等業務

本報告書は、環境省委託事業「平成29年度パリ協定の実施に向けた詳細ルールの検討・情報整理等業務」に関する成果をまとめたものである。
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Discussion Paper
Editor:
Ryoko
SEGUCHI
Th is report was developed by Friends of the Earth Japan (FoE Japan) and the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) with updated case studies as an English-language version of the Japanese report “Yori sukunai shigen de yori yutakana kurashi wo (A Richer Life with Fewer Resources),” published by FoE Japan in March 2013. This report...
Peer-reviewed Article
In Challenges
Informal recycling of electronics in the developing world has emerged as a new global environmental concern. The primary approach to address this problem has been command-and-control policies that ban informal recycling and international trade in electronic scrap. These bans are difficult to enforce and also have negative effects by reducing reuse...