Results 1 - 10 of 32 (Sorted by date)
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords:
Peer-reviewed Article
In PLoS ONE
Author:
Yuichi Kano
David Dudgeon
So Nam
Katsutoshi Watanabe
Chaiwut Grudpan
Jarungjit Grudpan
Wichan Magtoon
Prachya Musikasinthorn
Phuong Thanh Nguyen
Bounthob Praxaysonbath
Tomoyuki Sato
Koichi Shibukawa
Yukihiro Shimatani
Apinun Suvarnaraksha
Wataru Tanaka
Phanara Thach
Dac Dinh Tran
Tomomi Yamashita
Kenzo Utsugi
Both hydropower dams and global warming pose threats to freshwater fish diversity. While the extent of global warming may be reduced by a shift towards energy generation by large dams in order to reduce fossil-fuel use, such dams profoundly modify riverine habitats. Furthermore, the threats posed by dams and global warming will interact: for...
Commissioned Report
Author:
KIMIHIKO Hyakumura
THONGMANIVONG Sithong
The Lao People’s Democratic Republic (Lao PDR) has been participating in the international REDD+ negotiation process under the UNFCCC since 2007 and REDD+ has become an important driver in project development in the forest sector of Lao PDR. During the period between 2008 and 2012, REDD+ finance in Lao PDR amounted to more than USD 55 million, with...
Presentation

アジアの植林事業と土地利用が抱える課題

インドシナ半島最後の森林フロンティア:ラオスの開発、暮らし、その変化
Keywords: