Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Policy Brief
質の高い教育が教育開発における最優先課題となる中、持続可能な開発のための教育(ESD)に関する学習プロセスと教育内容の課題に対応する枠組み「ESD 学習パフォーマンス・フレームワーク」を提示し、質の高い教育への指針とESDに関する国際目標(2015 年に開始予定のESDに関するグローバル・アクション・プログラム/持続可能な開発目標<SDGs>)の指標作りに向けた基盤を提供している。 Remarks: English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=4966
Policy Brief
Enhancing quality should now be the foremost priority for educational development, and this policy brief presents an Education for Sustainable Development (ESD) Learning Performance Framework (LPF) to address both learning processes and educational contents. The LPF provides a roadmap for how stronger ESD can promote greater educational quality,...
Policy Brief
アジア太平洋諸国の地域コミュニティを対象に実施する 「コミュニティ参加型森林炭素計測プロジェクト: CCA」からの知見をもとに、持続可能な開発と森林管理、そして炭素蓄積量推定の見地から、地域コミュニティが果たす役割について考察しています。
Keywords:
Policy Brief
This policy brief introduces the roles that local communities can play in monitoring changes in forest carbon stocks. It discusses lessons learnt from the Community Carbon Accounting Project, which is training local communities in Asia-Pacific countries on forest monitoring, from the perspectives of sustainable development and carbon accounting.
Keywords:
Policy Brief
This policy brief explores opportunities to improve Japan’s strategy for promoting and strengthening green markets across East Asia by addressing both Japan’s domestic strengths as an environmental leader and also the emerging needs for green market development in other East Asian countries. Responding to a diversity of factors, this brief proposes...
Policy Brief
熱帯途上国において違法伐採が森林劣化や森林喪失の大きな原因となる中、本ポリシー・ブリーフでは、税関間の協力により違法伐採された木材貿易を阻止する取り組みに焦点を当てたIGESとNGO(ザ・ネイチャー・コンサーバンシー)の共同研究による知見を紹介し、税関間のさらなる協力を促す具体的な選択肢や提言を明示している。 Remarks: English version is available at: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=2934
Policy Brief
In tropical developing countries, illegal logging is a significant cause of forest degradation and can lead to permanent forest loss. This policy brief presents the findings from an IGES-The Nature Conservancy (TNC) study that investigated the potential for customs authorities to contribute to combating the international trade in illegal timber....
Policy Brief
アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。 本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...
Policy Brief
This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of elements that public timber procurement policies must include to favour legal and sustainable timber, it provides recommendations for further strengthening Japan's policy on...
Policy Brief
先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。 現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...