Results 1 - 10 of 16 (Sorted by date)
Working Paper
SEPLS generally require high levels of management by humans in order to maintain a sustainable production system that provides for human well-being. Thus their ecosystems are dominated by human activities, including traditional and local practices as well as modern production methods. These activities are considered means of livelihood, as they...
Keywords:
Presentation
The 9th Ecosystem services Partnership, World Conference
Through a review of various tools available for business, the paper mapped: Key impact drivers they used in the valuation tools; Key features of the tools with a view of comprehensiveness, universality, simplicity and accessibility; and Indicators that tools used for land use valuation The paper also identified : the tools fit into the interests of...
Presentation
9th Ecosystem Services Partnership, World Conference
>Towards effective interdisciplinary SPIs - More dynamic, iterative and collaborative interactions with practitioners, knowledge holders (including ILK) and policymakers - Consolidating interdisciplinary study that recognises the interconnectedness of social and ecological system - Joint formation of research and policy - Building capacity and long...
Presentation
The 9th Ecosystem services Partnership, World Conference
>Towards effective interdisciplinary SPIs - More dynamic, iterative and collaborative interactions with practitioners, knowledge holders (including ILK) and policymakers - Consolidating interdisciplinary study that recognises the interconnectedness of social and ecological system - Joint formation of research and policy - Building capacity and long...
Presentation
Natural Capital Study group
- 企業の自然資本評価は、全社的な自然資本評価から、より意思決定に反映しやすい特定の地域をベースとしたシナリオ分析を基にした事業レベルの自然資本評価へ - 自然資本評価を意思決定に活かしていくために、社会資本評価、統合レポート、SDGへの貢献と統合した評価の模索 - 気候や水、生物多様性への重要な影響を把握し、空間的な解析や生態的な情報予測のために、LCA分析に合わせて、 Land-change modellingやInVESTなど生物多様性と生態系サービスの空間特定モデルを活用した自然資本評価に注目 - 企業や専門家から政府による自然資本の評価手法の標準化への強い要望(オランダ政府はSEEA EEAの枠組みの企業の自然資本評価への活用を提案)
Non Peer-reviewed Article
In 日経コンストラクション
グリーンインフラに通じる考え方で、生態系を活用した防災・減災を表すEco­DRR (Ecosystem-based Disaster Risk Reductionの略称)が国際的に注目を集めている。これは、生態系の管理、保全や再生により災害リスクを低減するとともに、人々が日ごろから享受している様々な自然の恵みを守っていこうとするものだ。日本から海外への政府開発援助(ODA)の実施を一元的に担うJICAでは、Eco-DRRを自然環境分野の4つの戦略課題の1つとして、これまでにも関連する取り組みを実施してきた。こうした背景から、海外におけるEco-DRRの社会実装推進にJICAが果たす役割が期待されている。8月30日にグリーンインフラ研究会が開催したセミナーでは、Eco...
PR, Newsletter or Other
SATOYAMA保全支援メカニズム(Satoyama Development Mechanism: SDM)は、IPSI メンバーの活動を推進するための小規模資金援助プログラで、2013年に地球環境戦略研究機関(IGES)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)および環境省により設立されました。この冊子には、2016年度に採択された案件の提案内容の概要、ならびに以前に採択されて2016年度に完了した案件の成果の概要が整理されています。
Non Peer-reviewed Article
In 農村計画学会誌
生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)では、生物多様性と生態系サービスの評価や将来予測などを通じて、科学的な知見の政策活用を強化するための取組が進められている。とりわけ農業開発や都市化を含む社会経済の発展が著しく、これに伴って生物多様性や生態系の劣化が急速に進むアジア地域では、人間と自然が相互に作用し合う社会・生態システムの統合的な分析や将来予測・評価などの科学的根拠、ならびに科学的根拠を政策に有効活用するしくみを強化していくことが求められている。近年の研究では、科学と政策との接点が科学・政策インターフェイス(SPI)と総称されているが、本稿ではまず、欧州での先行研究に基づいてSPIの定義や捉え方、SPIが効果的に機能するための要件等について整理する...
Conference Proceeding
IPBES-JBF Sub-regional Dialogue Workshop
Editor:
Madhav
Karki
Ram Prasad
Chaudhary
Krishna Kumar
Shrestha
JBF Capacity Building Project held the South and West Asia sub-regional dialogue workshop in Dhulikhel (Kathmandu), Nepal from 29 November to 2 December, 2016, organised by IGES and funded by Japan. ILK holders/experts and experts on ILK from India, Iran, Nepal, and Pakistan attended. The presentation by ILK holders/experts and the discussion...
Conference Proceeding
IPBES-JBF Sub-regional Dialogue Workshop
Editor:
Wilfredo V.
Alangui
Kaoru
Ichikawa
JBF Capacity Building Project held the South-East and North-East Asia sub-regional dialogue workshop in Chiang Mai, Thailand from 14 to 17 October, 2016, organised by IGES and funded by Japan. ILK holders/experts and experts on ILK from South-East and North-East Asia attended. The presentation by ILK holders/experts and the discussion result of the...