Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
Policy Report
The Russian Far East (RFE) has long been regarded by the central government in Moscow as a timber resource base. As a result, forest resources have been exploited for timber, especially the most accessible locations with valuable resources (Newell & Wilson, 1996; Kakizawa, 1998a). After the collapse of the Soviet Union, the exploitation of timber...
Conference Proceeding
This workshop was organized jointly by NUOL (Department of Forestry, National University of Laos) and IGES. The main objectives were: 1) for the IGES forest conservation project to share its research results on Lao P.D.R. and Vietnam respectively; 2) for the participating experts and stakeholders to comment on and discuss the research results; and...
Conference Proceeding
1998 年5 月に開催された森林に関する政府間フォーラム(IFF)第2回会合において、コスタリカ政府とカナダ政府が森林に関する法的拘束力を持つ国際的な取決め(森林条約)への合意形成のためのイニシアティブを実施することを表明したのを受けて、(財)地球環境戦略研究機関/森林保全プロジェクトでは、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)の協力のもとで、「IFF と森林条約に関するブレインストーミングフォーラム」を開催した。(1998年12 月~1999 年3 月の間に3 回開催) この中では、森林保全に関する国際的な議論の経緯を把握するとともに、関連する既存の国際条約や関連する文書の分析を行い、これまでの森林条約に関連する議論を整理した。 その結果...
Peer-reviewed Article
In Ringyo Keizai Kenkyu (林業経済研究)
『林業経済研究』Vol.46 No.1(2000年3月発行)より転載 1970 年代後半から熱帯諸国では、地域住民の福祉の向上を目的とする林業が試みられてきた。それは、フォレスターたちが従来の産業的林業の政策理念のもとでは木材の永続的生産が達成できないことに気づきはじめたからである。このような林業活動をさす用語として社会林業やコミュニティー林業が用いられてきた。当初この両者は、農山村開発のための林業活動に地域住民が参加する状態を指す用語として用いられた類似する概念であった。定義の詳細は加藤(1999)に譲るが、筆者の見るところ、最近では両者の使われ方が分化してきている。つまり、社会林業が個人ベースの活動(例えば農家林業)を含む包括的な活動に対して用いられるのに対して...
Conference Proceeding
CONTENTS: Part 1: Executive Summary Session 1: A Review of Forest Management in Indonesia and the Philippines Session 2: Policy Recommendations for Participatory Forest Management in Indonesia and the Philippines and Timber Trade Policy Session 3: Local Experiences in Indonesia Session 4: Discussants' Comments Session 5: Group Discussion Plenary...
Presentation

ラオスの森林保全政策による地域住民の対応:生物多様性保全地域の事例

第111回日本林学会大会学術講演集