Results 1 - 10 of 95 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Land
Author:
Shogoro
Fujiki
Ryota
Aoyagi
Atsushi
Tanaka
Nobuo
Imai
Arif Data
Kusma
Yuyun
Kurniawan
Ying Fah
Lee
John Baptist
Sugau
Joan T.
Pereira
Kanehiro
Kitayama
Assessment of the progress of the Aichi Biodiversity Targets set by the Convention on Biological Diversity (CBD) and the safeguarding of ecosystems from the perverse negative impacts caused by Reducing Emissions from Deforestation and Forest Degradation Plus (REDD+) requires the development of spatiotemporally robust and sensitive indicators of...
Presentation
第22回 日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催 講演会「持続可能な消費・生産に向けたライフサイクル思考の役割」
2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。
Presentation

持続可能な消費と生産

神戸CSR研究会東京支部第15回例会
2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。
Research Report
Author:
Kaoru
Ichikawa
Suneetha M.
Subramanian
Shamik
Chakraborty
This second volume’s theme is “mainstreaming concepts and approaches of SEPLS into policy and decision-making “, covering topics including advocacy, multi-stakeholder engagement, facilitation and coordination of institutions, concrete tools and information useful for policymakers and stakeholders. The volume compiles seven selected case studies...
Presentation
Workshop on “Harnessing of Water-Energy-Food Nexus for Making Path of Sustainable Development Goals (SDGs) to Country Actions”
In the first part, the author provided a background on the newly adopted 2030 Agenda for Sustainable Development by the United Nation General Assembly on 25th September 2015, along with a set of 17 ambitious Sustainable Development Goals (SDGs), which United Nations Secretary-General Ban Ki-moon referred as a universal, integrated and...
Policy Report
Author:
Huizhen
Chen
How we choose to live as a society and as individuals – what houses we choose and build, what food we eat and grow, how we spend our spare time, and what type of transport we use – will have an enormous impact on the trajectory of human history. This publication will help policymakers, individuals and other stakeholders understand what a holistic...
Non Peer-reviewed Article

人と動物の関係を理解するための 生態学および人類学の学際的なデータの重要性

In 海外の森林と林業
第 26 回日本熱帯生態学会年次大会公開シンポジウム「変わりゆく熱帯で暮らす—人と動物たち」におけるコメント
Non Peer-reviewed Article
In 産業と教育
2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、持続可能な社会づくりの最大の課題は人口の急増といえる。2011年に70億人を突破した世界の人口は、2050年には96億人にも達するともいわれている。人口が増加すると当然食糧や資源の需要量が増大する。また、一人ひとりの生活レベルの向上に伴い、一人当たりの資源・エネルギー消費量も増大していくだろう。一方、日本では農林水産業が衰退の一途をたどり...
Commissioned Report
Author:
Paul
Pavelic
et al.
Owing to a high prevalence of rural poverty in Lao PDR, improving the livelihoods of smallholder farmers by increasing their productivity is a high priority for the Government. Smallholder farming relies primarily on rainfall, which is prone to shortfalls and occasional droughts during the crop planting season. Reliable irrigation supplies would...