Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Book Chapter
In Satoyama Initiative Thematic Review vol. 5: Understanding the Multiple Values associated with Sustainable Use in Socio-ecological Production Landscapes and Seascapes (SEPLS)
Author:
Estelle
Déja
Devon
Dublin
Yoji
Natori
Barachois is a term used to describe a historical seascape in Mauritius, composed of brackish water lagoons enclosed by stone walls traditionally used for fish farming under French rule before 1800. The description includes the patches of mangroves and coastal woodlands surrounding the lagoons. However, these areas are now mostly abandoned and have...
Issue Brief
Author:
The GEF-Satoyama Project has been working to realize society in harmony with nature by mainstreaming conservation and sustainable use of biodiversity in production landscapes and seascapes. This issue brief is a compilation of lessons learned on biodiversity in production landscapes and seascapes from ten demonstration projects from around the...
Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Stefanos
Georganos
Tais
Grippa
Moritz
Lennert
Eléonore
Wolff
To classify Very-High-Resolution (VHR) imagery, Geographic Object Based Image Analysis (GEOBIA) is the most popular method used to produce high quality Land-Use/Land-Cover maps. A crucial step in GEOBIA is the appropriate parametrization of the segmentation algorithm prior to the classification. However, little effort has been made to automatically...
Presentation
GEF-Satoyama Project Consolidation Workshop
The presentation briefed the results of a synthesis of case studies on the ten GEF-Satoyama Projects, focusing on the values, traditional knowledge and governance of socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS)
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Presentation
ジンマの赤いダイヤモンド ~その本当の価値とは? 自然林を守ることとおいしいコーヒーを作ること

ジンマの赤いダイヤモンド ~その本当の価値とは? 自然林を守ることとおいしいコーヒーを作ること

10月1日国際コーヒーの日スペシャルセミナー
Commissioned Report

平成25年度生物多様性分野の代償措置に関する評価手法等調査業務 報告書

Author:
Biodiversity offset policy indication in Japan based on the experiences in Japan, the US, Australia and Europe
Policy Brief
アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。 本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...
Policy Brief
This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of elements that public timber procurement policies must include to favour legal and sustainable timber, it provides recommendations for further strengthening Japan's policy on...