Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Shahab
Jozdani
Dongmei
Chen
With the advent of high-spatial resolution (HSR) satellite imagery, urban land use/land cover (LULC) mapping has become one of the most popular applications in remote sensing. Due to the importance of context information (e.g., size/shape/texture) for classifying urban LULC features, Geographic Object-Based Image Analysis (GEOBIA) techniques are...
Issue Brief
Author:
The GEF-Satoyama Project has been working to realize society in harmony with nature by mainstreaming conservation and sustainable use of biodiversity in production landscapes and seascapes. This issue brief is a compilation of lessons learned on biodiversity in production landscapes and seascapes from ten demonstration projects from around the...
Presentation
GEF-Satoyama Project Consolidation Workshop
The presentation briefed the results of a synthesis of case studies on the ten GEF-Satoyama Projects, focusing on the values, traditional knowledge and governance of socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS)
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords: