Results 1 - 3 of 3 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In International Journal of Building, Urban, Interior and Landscape Technology (BUILT)
The term of “Appropriate Technology (AT)”, introduced by Schumacher which refers to all kind of technologies including environmental technology, has been since developed into a global discourse on technology advancement and its impacts of implementation on human civilisation as seen from various perspectives. The technology could also relate to the...
Presentation
Inception Workshop of the Project on Low Carbon and Resilient Urban Food Systems
This presentation outlines the application of the ecological debt index (EDI) concept to assess urban households from the point of urban food systems. The concept is being developed for application in a UNEP 10FYP project being implemented in India in collaboration with the Center for Sustainable Agriculture (CSA). The EDI enables users to assess...
Non Peer-reviewed Article
In 産業と教育
2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、持続可能な社会づくりの最大の課題は人口の急増といえる。2011年に70億人を突破した世界の人口は、2050年には96億人にも達するともいわれている。人口が増加すると当然食糧や資源の需要量が増大する。また、一人ひとりの生活レベルの向上に伴い、一人当たりの資源・エネルギー消費量も増大していくだろう。一方、日本では農林水産業が衰退の一途をたどり...