Results 1 - 10 of 21 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Shahab
Jozdani
Local climate zone (LCZ) maps are increasingly being used to help understand and model the urban microclimate, but traditional land use/land cover map (LULC) accuracy assessment approaches do not convey the accuracy at which LCZ maps depict the local thermal environment. 17 types of LCZs exist, each having unique physical characteristics that...
Peer-reviewed Article
In 環境科学会誌
Author:
Minami
Sakamoto
Akio
Onishi
Although greenery in urban areas has many functions, such as mitigation of the urban heat island effect, and reduction of rainfall-induced surface runoff, it is difficult to secure the space required to plant trees in cities, which are crowded with buildings. Therefore, rooftop greening has attracted attention and many cities are adopting and...
Submission to Policy Process
Contributing Papers for the 2019 Global Assessment Report
Author:
Karen G.
Villholth
Paul
Pavelic
Andrew
Ross
Groundwater is a de-facto source of water during drought and emergencies. In a broader perspective, the traditional short-term strategy of using groundwater to combat water deficits during drought needs revisiting. The objective of this paper is to examine the relevance and options for developing and adopting such groundwater-based natural...
Book Chapter
In Encyclopedia of the UN Sustainable Development Goals. Sustainable Cities and Communities
Urbanization plays a significant role in how the sustainable development goals (SDGs) can be achieved by countries and regions since they can deliver the benefits of SDGs to a relatively large number of people in a short period of time by concentrating efforts in relatively focused areas than the widely dispersed rural areas. With 55% of people...
Issue Brief
Author:
Seiya
Tominaga
 地域で創出された再生可能エネルギーを地域で消費する再生可能エネルギーの地産地消の担い手として、自治体が自ら事業に関与していく「地域電力小売事業」の取組は、近年の再生可能エネルギーや地域分散型エネルギーの導入拡大・電力小売事業の全面自由化などの流れを背景に、各地で拡大してきた。  自治体が自ら事業に関与している「地域小売電気事業者」は全国で30を超えており、各地の地域特性や課題、事業環境を踏まえた事例が創出されている。反面、自治体が「地域電力小売事業」に取組むうえでの課題も見え始めている。また、今後競争が激しくなることが想定され、その中で事業者として付加価値がある提案を行うことが課題となっている。  本書では、上記背景を踏まえて、自治体から出資を受けている新電力会社(地域新電力...
Peer-reviewed Article
In International Journal of Remote Sensing
Author:
Shahab E.
Jozdani
Mehdi
Momeni
Mehran
Sattari
Multiresolution segmentation (MRS) is one of the most commonly used image segmentation algorithms in the remote-sensing community. This algorithm has three user-defined parameters: scale, shape, and compactness. The scale parameter (SP) is the most crucial one in determining the average size of the image segments generated. Since setting this...
Commissioned Report
パリ協定に掲げる今世紀後半に脱炭素社会(温室効果ガス排出量が正味ゼロの状態)を実現させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)等の排出量が増加するなど、住民の生活環境の悪化を招いている。これらの都市の経済成長を維持しながら快適な生活環境を守っていくには、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める持続可能な都市形成にシフトしていかなければならない。 我が国は、開発途上国においてこのような取組を支援すべく、GHG...
Commissioned Report
急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、様々な国際的な枠組において、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されてきている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、本邦自治体や企業が有する都市の環境改善ノウハウや技術等を開発途上国の都市の課題やニーズに合致した形で提供することにより、都市間連携の強化を図ることを目的に、自治体のニーズ等の調査、パイロット研修の実施や情報発信業務を行った。
Peer-reviewed Article
In APN Science Bulletin
Author:
Joy J.
Pereira
Arpah A.
Bakar
Divya S.
Solomon
Juan J.
Pulhin
J.
J. Cummins
Several risk insurance initiatives have been implemented at the grassroots level for reducing the vulnerability of communities to natural disasters. Despite these efforts, the penetration of risk insurance in developing Asia is poor compared to many developed countries due to several barriers that this sector is facing and the cost of insurance...
Commissioned Report
平成27 年11 月、日本では「気候変動の影響への適応計画」が閣議決定された。開発途上国の適応計画を支援することは日本の適応計画の戦略の一つとして盛り込まれており、科学的知見に基づいた有効な計画策定の支援を行うこととしている。本業務では、「平成27 年度適応イニシアティブ推進のための地域横断的人材育成等に向けた調査・検討業務」および「平成28 年度アジア太平洋地域における気候変動適応分野の知見共有、人材育成支援業務」を受けて、途上国側政府及び研究機関等との協働が可能となるよう、またアジア太平洋地域の適応に関する能力向上のための人材育成、知見共有等を行うことを目的とし、(1)特定地区における緩和と適応の双方を取り扱うパイロットプログラムに関する業務、(2)適応計画...