Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Commissioned Report
Author:
Ministry of the Environment Japan
The Japanese government has proposed a vision called "Circulating and Ecological Economy" in the Fifth Basic Environment Plan approved by the Cabinet in April 2018. The Circulating and Ecological Economy is an idea that aims to develop self-reliant and decentralized societies by leveraging regional resources, including natural environments and...
Commissioned Report
Author:
環境省
2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画において、「地域循環共生圏」の概念が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて、他地域と資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本事例集では、他の国や国際社会に参考となるような地域循環共生圏に関する日本の16の先進的取組を紹介することで、世界の各地で地域循環共生圏を創造する取組を後押しすることを目的としています。 本書のダウンロードはこちら(PDF) https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/pdf/jirei_jp.pdf
Submission to Policy Process
Author:
Mao
Kol Mardi
Navuth
Sam
Kim
Vathanak Thida
Keo
Channarith
Nodira
Akhmedkhodjaeva
Rithy
Uch
Phalla
Sam
Lara
Grosso
Seng
Bunrith
Just like in any city, the waste management has always been a major societal issue for Phnom Penh. The monthly amount of disposed waste at the landfill more than doubled in the past decade owing to factors such as population growth, economic growth, changes in industrial structure and of people’s lifestyle. While Phnom Penh Capital Administration...
Commissioned Report
平成27 年11 月、日本では「気候変動の影響への適応計画」が閣議決定された。開発途上国の適応計画を支援することは日本の適応計画の戦略の一つとして盛り込まれており、科学的知見に基づいた有効な計画策定の支援を行うこととしている。本業務では、「平成27 年度適応イニシアティブ推進のための地域横断的人材育成等に向けた調査・検討業務」および「平成28 年度アジア太平洋地域における気候変動適応分野の知見共有、人材育成支援業務」を受けて、途上国側政府及び研究機関等との協働が可能となるよう、またアジア太平洋地域の適応に関する能力向上のための人材育成、知見共有等を行うことを目的とし、(1)特定地区における緩和と適応の双方を取り扱うパイロットプログラムに関する業務、(2)適応計画...