Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Discussion Paper
循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。
Peer-reviewed Article
In 環境経済政策研究
Author:
Soocheol
Lee
Unnada
Chewpreecha
第五次環境基本計画は,環境・経済・社会問題が相互に連関しているという認識のもと,それを解決するために,持続可能な開発目標(SDGs)およびパリ協定の採択という時代の転換点を契機とする新たな文明社会へのパラダイムシフトを要請している.本稿は,このようなパラダイムシフトにつながる政策として,第五次環境基本計画の重点戦略を支える「地球温暖化対策計画」(2016年5 月13 日閣議決定)の長期目標である2050 年までに80%の温室効果ガス(GHG)の排出削減を達成することを目的とした本格的な炭素税導入を核としたグリーン税制改革を取り上げ,グリーン税制改革によって豊かな暮らしを維持すると同時に大幅なGHG 排出削減を達成することが可能であることを示した.
Commissioned Report
Author:
The Final Strategy Formulation Workshop for the Development of Waste Management Strategy and Action Plan of Phnom Penh was jointly organized on 9 January 2018 by Phnom Penh Capital Hall (PPCH), IGES-CCET, and Nexus for Development, marking an important milestone for the development of city’s waste management policy. The workshop was the last step...
Book Chapter
In Financial Inclusion for Poverty Alleviation Issues and Case Studies for Sustainable Development
Lack of economic opportunity has been identified as one of the important bottlenecks for achieving development and empowerment as a result of which several financial inclusion projects and programs have been introduced globally in the past several decades. These financial inclusion instruments range between providing cash at hand to invest in...