Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
Policy Report
The objective of this project is to answer the question of "how business/industry can realise a sustainable society". To attain this objective, two goals were set: (1) to identify promising business models for realising a sustainable society and develop relevant methods to quantify their potential while proposing masures to promote such businesses,...
Conference Proceeding
この報告書は、2004〜2006(平成16〜18)年度にかけてIGES関西研究センターが実施した、「産業と持続可能社会(BSS)プロジェクト」の成果の概要を、日英両版で一つにとりまとめたものである。関係者の方々への報告をはじめ、広く一般に普及・啓発することを目的としたため、個々のサブテーマ研究の詳細については、別途、個別に作成されている報告書等に譲ることとしている。 Remarks: English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=837
Conference Proceeding
Since the significance of "Sustainable Consumption and Production" was recognized anew at WSSD in 2002, the society has been seeking ways for establishing socio-economic system which can lessen environmental load through the collaboration between consumers and corporations. The International Symposium "Towards Sustainable Lifestyle and Business...
Conference Proceeding
「持続可能な消費と生産」は、2002年の持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)においてその重要性が再確認され、消費者と生産者が協調して環境負荷を一層低減できる社会経済システムの構築が模索されてきました。この課題について、グローバルな視点から検討し、今後の方策を探るとともに、多くの人々に認識していただくため、IGES関西研究センターは、「持続可能なライフスタイルとビジネスモデルを求めて〜『持続可能な消費と生産』の政策動向〜」をテーマとした国際シンポジウムを、2007年1月17日、兵庫県神戸市にて開催しました。 基調講演1では、ミヒャエル・クーント氏[持続可能な消費・生産センター(CSCP)(国連環境計画・独ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所協働センター)所長]が、「グローバル...