Results 1 - 10 of 14 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
The IGES Centre Collaborating with UNEP on Environmental Technologies (CCET) was founded in 2014 to assist national, regional and local governments with advancing low impact, environmentally responsible waste management systems, helping to direct a wider shift towards more resource efficient and sustainable societies. Together with United Nations...
PR, Newsletter or Other

持続可能な消費と生産への移行を支援する国際的な取り組み「10YFP」

つな環
PR, Newsletter or Other
Strengthening Food Resource and Information Channels for Sustainable Production and Consumption of Food
Author:
One of the most significant lifestyle changes with severe environmental and health consequences being witnessed in the developing Asia is in the form of changes in food consumption behaviour of the people. Recognizing the importance of arresting the negative trends early in the stage, the project aims to address the changing food consumption...
PR, Newsletter or Other

The first meeting of the Multistakeholder Advisory Committee of the UN 10-Year programme on Sustainable Lifestyles and Education: Tokyo was once again the centre of planning for international actions to promote well-being of society and its citizens

Japan Environment Quarterly (JEQ)
PR, Newsletter or Other

汚染地域の実情を反映した効果的な除染に関するアクション・リサーチ

UN Conference on Disaster Risk Reduction, side event in Fukushima
Author:
hiroshi suzuki
PR, Newsletter or Other

Fukushima Action Research on Effective Decontamination Operation (FAIRDO)

UN Conference on Disaster Risk Reduction, side event in Fukushima
Author:
Hiroshi Suzuki
PR, Newsletter or Other
第4回FAIRDO車座会議
福島県伊達市霊山町の関係者、国、福島県、県内市町村の除染・放射線対策担当者、福島県内で被災者支援などに活動するNPOなどを招いて、「第4回FAIRDO車座会議」を伊達市霊山町で開催しました。本会議では、引き続き、伊達市霊山町において、第3回車座会議で挙げられた課題を掘り下げ、共有しつつ「霊山町の復興とは? 逆境からの新たな地域づくりを考える」ための議論を深めました。
PR, Newsletter or Other
第3回FAIRDO車座会議
福島県伊達市霊山町の関係者、国、福島県、県内市町村の除染・放射線対策担当者、福島県内で被災者支援などに活動するNPOなどを招いて、「第3回FAIRDO車座会議」を伊達市霊山町で開催しました。東日本大震災により引き起こされた福島第一原発事故の結果、放射性物質が放出され、伊達市霊山町においても、その影響を受けました。空間線量率が高い地点もあり、2012年6月に特定避難勧奨地点として指定され、2013年3月に解除されましたが、この勧奨地点の指定・解除に伴い、地域社会の分断が起き、空間線量に対して被ばくの不安を抱えながらの生活や避難、農業の復興など生活再建に向けての課題が多く残っています。そこで、これらの課題に対して、住民と行政が共に向き合う場の機会として、霊山町の関係者と行政、専門家が...
PR, Newsletter or Other
第2回FAIRDO車座会議
国、福島県、県内市町村の除染・放射線対策担当者や福島県内で被災者支援などに活動するNPOなどを招いて、「第2回FAIRDO車座会議」を福島市で開催しました。福島では、除染、復興、賠償等の複合的な課題に直面しており、その解決に向け、行政と住民の関わり方がより一層重要となっています。こうした状況の下、会議では、地域における行政と住民の合意形成の場や仕組みを構築する実現可能性について話し合われました。 第1セッションでは、「除染・復興のための地域の合意形成のこれまで・これからの取り組みの共有」と題して、これまでに市町村で実践した除染・復興のための地域での合意形成に向けた取り組み、地域での車座会議の必要性、地域で車座会議を実施する場合の課題や実現可能性、また...