Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
COP24 was ‘the most important COP since the Paris Agreement”. The aim of this conference was for Parties to agree on rules to operate the Paris Agreement and to reflect the new IPCC Special Report on Global Warming of 1.5°C in the process to check their ambition and speed up actions, so that the Agreement can be optimally operated to mitigate and...
Briefing Note
 本稿は、北東アジアの中国、日本における再生可能エネルギー(以下、「再エネ」)に関する政策環境の相違を議論し、今後の展望を概観する。要点は、以下の通りである。 • 最大限に再エネの普及による電力システムの転換は脱炭素社会の構築にとって基本的柱の一つである。過去10年間、日中両国は莫大な投資を行い、再エネの領域で世界的リーダーになってきた。 • 風力と太陽光発電が、中国の電力システムの脱炭素化に不可欠な役割を担っている。日本での再エネの導入は、温室効果ガス(GHG: Greenhouse gas)削減、エネルギー自給率の向上、化石燃料調達費用の削減、産業の国際競争力の強化、雇用の創出、地域の活性化、非常時のエネルギー確保等、多方面のメリットが認識され、進められている。 •...
Briefing Note
2015年のCOP21で採択されたパリ協定については、実施のためのルール、ガイドライン等の指針(以下、パリルールブックと称す)に関する国際交渉が続いており、本年12月にポーランドのカトビチェにて開催されるCOP24における策定を目指している。2018年は、ドイツ・ボンで定期的に行われている交渉会議 (5月上旬に開催済み)に加え、9月4日~9日にかけて、タイ・バンコクにて、COP24前としては最後となる公式の交渉会議 が開催された。本稿ではバンコク会議の結果を踏まえて、パリルールブック策定の進捗の概況を整理し、COP24における見通しについて論ずる。
Briefing Note
This Briefing Note explores the implications for climate change, green finance, and Sustainable Development Goals (SDGs) of the G20 Summit which was held in Hamburg, Germany, on 7-8 July 2017. On climate, the final encouraging result was a consensus among all countries except for the US to maintain strong support for implementation of the Paris...
Commentary (Op. Ed)
At the May 2017 session of UN Climate Change Conference (SB 46) and the Innovate4Climate, Parties and non-Party stakeholders explored Article 6 implementation, innovation, and the role of non-Party stakeholders. The inclusion of Article 6 to cater to market-based mechanisms in the celebrated Paris Agreement (PA) was a surprising turnout even for...
Commentary (Op. Ed)
国際協力キャリア総合情報サイト
Contributor:
地球環境戦略研究機関(IGES)で気候変動政策を研究する石鍋さん。気候変動問題の解決と平和な社会の構築に貢献したいという彼女だが、経歴はホテル・スクール、外資系投資銀行、国連開発計画、そして現職の環境シンクタンクという異色なもの。これら業界を選択した理由は何なのだろうか? 石鍋さんに尋ねた。
Keywords:
Briefing Note
This is a series of briefing notes summarising results from multi-stakeholder consultations on the post-2012 climate regime held in 2008. The brief note series present recommendations for the future climate regime on issuing considered important to the Asian Pacific Region, including sectoral approaches, adaptation, financial mechanisms, biofuels,...