Results 1 - 10 of 11 (Sorted by date)
Research Report
Author:
Michael
Grubb
Christiann
Vrolijk
Duncan
Brack
温暖化防止における京都議定書とは? 地球温暖化問題・排出権取引の第一人者、マイケル・グラブとその研究グループ(英国王立国際問題研究所、チャタムハウス)が分析・展望した世界一級の解説書。 <内  容> 本書は、京都会議の単なる評価や解説にとどまらず、その意味するところを分析し、科学と社会・経済・政治の相互作用がもたらす展望を詳述している。とくに、排出権取引などの世界的権威である著者の分析は、日本の研究者、企業、政策担当者にとって、さまざまな示唆を提供してくれる。  ハーグにおけるCOP6以降、日本の批准やそれに伴う国内政策措置の策定が行われ(国内排出権取引制度の導入も期待されている)、日本の企業はいやおうなしに「京都って何だったんだろう」という『京都会議の意義』を、...
Keywords:
Discussion Paper
Baseline setting is a key step in the process to identify certified emission reductions for CDM. This paper clarifies some confusing concepts regarding baseline setting, such as time-dependence (static/dynamic/revision) and standardization (benchmarking/projectspecific). There are many technical aspects for the development of CDM scheme from...
Research Report
This book is the first comprehensive, in-depth review and summary of the U.N. FCCC AIJ pilot. Over 30 prominent players in the U.N. FCCC AIJ pilot, drawn from 12 countries, prepared the 16 peer-reviewed chapters in this book. Most chapters are extensively illustrated and the book contains a glossary of acronyms and a list of points of contact in...