Results 1 - 10 of 33 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
-IGES Open Forum: Global Environmental Strategies for Asia-Pacific-Views and Findings of IGES -The 4th Meeting of the Kitakyushu Initiative Network -IGES Holds Multi-Stakeholder Consultations on Climate Regime beyond 2012 -The 2007 Ryutaro Hashimoto APFED Awards-Winners Announcement/ -Sino-Japan CDM Cooperation Programme Open Forum -Researchers...
PR, Newsletter or Other
- IGES公開フォーラム「アジアの地球環境戦略:IGESの成果と展望」 - 第4回北九州イニシアティブネットワーク会議の開催 - 「2013年以降の気候変動枠組みに関する非公式対話」を開催 - 「橋本龍太郎記念APFED賞」2007年度の受賞者が決定 - 日中CDM協力プログラム公開セミナーの開催 - 研究者の視点:「遅過ぎることはない・・・今すぐ行動を」 能力開発と教育プロジェクト 崔 美英(サブマネージャー/ 主任研究員) - エコアジア2007 における活動 - IGES設立10周年記念について - 出版物のお知らせ: ポリシー・ブリーフ第6号「Designing Forestation Models for Rural Asia: Avoiding Land Conflict as...
Business Report
To ensure accountability of each research project, and to provide a mechanism of transparency to its stakeholders, IGES conducts Project Peer Review every three years, inviting a Peer Review Panel composed of externally based experts. The review results are reflected in the 4th Phase strategic research of IGES (FY2007-2009). Climate Policy Project...
PR, Newsletter or Other
Featured Report: IGES Welcomes Prof. Hamanaka as the New Chair The IGES Fourth Phase Research is Launched Reports: Asian Mayors' Policy Dialogue for the Promotion of EST in Cities US-Japan Workshop on Climate Actions and Developmental Co-benefits International Symposium on Climate Change and Business Strategy in Europe IGES Holds a Side Event at UN...
Keywords:
PR, Newsletter or Other
Featured Report: IGES Welcomes Prof. Hamanaka as the New Chair The IGES Fourth Phase Research is Launched Reports: Asian Mayors' Policy Dialogue for the Promotion of EST in Cities US-Japan Workshop on Climate Actions and Developmental Co-benefits International Symposium on Climate Change and Business Strategy in Europe IGES Holds a Side Event at UN...
Keywords:
Non Peer-reviewed Article
In What's New from IGES? (IGES Newsletter)
バイオ燃料は地球温暖化やエネルギー保障への有効な手立てと考えられることから、世界中で関心を集めている。今年1月に、欧州委員会は2020年までに輸送用燃料のバイオ燃料比率を10%以上に引き上げることを柱のひとつとした再生可能エネルギーロードマップを提案した。米国では、ブッシュ大統領が年頭教書演説において、今後10年間でバイオ燃料等への転換によりガソリン消費量を20%削減する計画を提案した。アジアでも、多くの国々がすでにバイオ燃料の増産計画に着手しており、同じ1月には、アセアン、日本、中国、韓国、オーストラリア、インド、及びニュージーランド16カ国首脳により、バイオ燃料の開発や生産利用強化を盛り込んだ「東アジアのエネルギー安全保障に関するセブ宣言」が採択されている。 一方で、「バイオ燃料ブーム...
Keywords: