Results 1 - 3 of 3 (Sorted by date)
Discussion Paper
日本政府は「環境未来都市」構想において、環境・社会・経済について持続可能な地方自治体・地域を選定し、具体的な取組みを推進するなかで、SDGsと同様に統合的アプローチを重視する一方、トップランナーの更なる育成を目的としていたため、エネルギー(ゴール7)、都市(ゴール11)に関する取組みが多く、貧困(ゴール1)、ジェンダー(ゴール5)、不平等(ゴール10)のように直接的な関わりのないゴールが存在する。これらの政策課題については、SDGsの要素を取り込むことによって、異分野が連携できるプラットフォームが用意され、これまで関係が薄かった部局との連携が実現し、個々の課題が統合的に取り組まれることで、複数の課題が同時解決へ向かうといった相乗効果が期待できる。さらに、環境未来都市のなかには...
Discussion Paper
The “FutureCity” initiative promoted an integrated approach and also developed “top runner” municipalities as the best practices on specific common urban issues that can be rolled out across Japan. Major issues were “Energy” (Goal 7) and “Cities” (Goal 11), but not “Poverty” (Goal 1), “Gender equality” (Goal 5), or “Reduced inequalities” (Goal 10)....
Discussion Paper
Author:
Bambang
Haryono
Mochamad
Farhan
Muhammad Luthfi Eko
Nugroho
Maryono
Satria
Utama
Hadiyanto
Tomoki
Ehara
Kazuya
Fujiwara
Following up the Presidential Regulation 61/2011 and 71/2011, Semarang City as one of the cities in Indonesia has a liability in the GHG reduction activities. This research on the low carbon society (LCS) scenario for Semarang City are carried out aiming to contribu-tion to promoting climate change actions and policies in the city. This study is...