Results 1 - 10 of 14 (Sorted by date)
Commissioned Report
The commissioned report provides an overview of timber production and legality in Mexico. It explains policies and systems in the country on timber legality in diverse aspects including legal rights, permission and harvesting practises, environmental and social considerations, transport and trade. The report also explains exsiting mechanisms to...
Keywords:
Presentation

生産国情報:メキシコ

「生産国情報収集事業」現地調査結果報告会
The presentation provides an overview of timber production and legality in Mexico, and explains necessary procedures and documents for the legal timber. Also it illustrates timber production processes and existing mechanisms to verify the legality in the country, while discussing potential risks.
Keywords:
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords:
Commissioned Report
Ministry of Environment of Japan - Commissioned Report
This draft report documents progress made on the “Low Carbon Technology Transfer Preparedness Database Project”, supported by the Ministry of Environment Japan in FY 2014. The report’s key focus lies on documenting subnational data gaps, sources and access issues whilst also describing contributions made to international processes on data and...
Commissioned Report
The basic survey on development of “Asia Pacific 3R White Paper” project conducted the basic survey and institutionalization of experts/researchers group for development for the Asia Pacific 3R white paper (tentative title). In addition, the zero draft of writing guideline for Asia Pacific 3R white paper was developed initially for the development...
PR, Newsletter or Other
「アジアの環境重大ニュース」は、IGESが1998年の設立以来、その研究ネットワークを生かして毎年末に発表しているものである。2010年度版では、アジアにおける重要な環境トピックとして「地球温暖化」「生物多様性」「持続可能な消費と生産」の3つに焦点を当てて、アジア太平洋地域の国際機関・21カ国からニュースを収集した。 Remarks: English version is available at: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3144
Working Paper
国際開発学会第11回春季大会報告論文集
今後もアジアでの資源消費と廃棄物発生量の増大が予想される。3R(廃棄物の削減、再利用、リサイクル)を通じた廃棄物管理と資源管理戦略の統合は、アジアでの持続可能な消費と生産を達成するための重要なアプローチとなり得る。しかし、アジア発展途上国の多くでは、廃棄物管理・リサイクル関連法制度の構築に後れをとっており、国際協力への期待は大きい。本報告では、3R国家戦略の策定支援の経験に基づいて、廃棄物リサイクルのための制度構築支援の課題について論じる。