Results 1 - 10 of 16 (Sorted by date)
Conference Paper
環境経済政策学会2018 年⼤会
Author:
昌広
杉山
真一郎
藤森
謙⼀
和⽥
嘉陽
⼤城
悦史
加藤
⿊沢
厚志
涼⼀
⼩宮⼭
康正
藤井
雄司
松尾
本稿では日本の2050年までの温室効果ガス,エネルギーシステムのシナリオを,複数のエネルギーモデルもしくは統合評価モデルを用いて定量化し,それらを相互比較することによって,不確実性を踏まえた長期の気候政策の評価を行う.
Conference Paper
環境経済・政策学会2017年大会
パリ協定では、2020年は現在の2030年の削減目標の妥当性を検討し、削減目標の野心度引き上げの必要性を判断することが批准国に対して求められている。本研究は、日本の2030年におけるCO2排出削減目標の達成に向けて想定される主要エネルギー経済要素の変化分の妥当性を評価することを目的に、CO2排出量の要因分解分析を行った。要因分解分析の対象として、1994年から2015年までの産業、業務、運輸部門のCO2排出量実績値及びこれらの部門の2030年の要素について国別目標(NDC)シナリオ、短期トレンドシナリオ(2005年から2015年のトレンドを2030年まで線形回帰)、中期トレンドシナリオ(2012年から2015年のトレンドを2030年まで線形回帰)、リファレンスシナリオ...
Conference Paper
、 第42回環境システム研究論文発表会 企画セッション2「レジリエントシティ政策モデルの開発とその実装化」
近年,気候変動に伴う風水害が各地で頻発し,東日本大震災のような大規模な自然災害等も発生しており,これらの外部リスクを低減し,災害に強いレジリエントなまちづくりを目指す自治体が増えてきている.さらに,災害時でも社会経済システムを支える都市機能を維持するため,防災・減災の取り組みだけでなく,都市のエネルギー自治や都市構造の変革等についても着目されるようになってきた. 本文ではアジア4都市におけるレジリエントシティの構築に向けた取り組みを取り上げ分析した.また,この4都市に被災状況のモニタリング体制や緊急支援物資の供給体制の整備が遅れていること,ハザードマップ等の作成や情報提供体制に改善の余地があること等の課題が存在し,レジリエントシティの構築に向けて早急な改善が必要であることを明らかにした.
Conference Paper
Proceeding of the 37th Symposium on Human-Environment System
This paper describes establishment of the methodology to develop a set of the training module in order to learn real cases about community’s efforts on the environment front. In order to develop training materials, Kitakyushu City’s existing experiences and actions in overcoming pollution, improving the environment, Low-carbon city planning and...
Conference Paper

大学が環境人材の育成に取組む際の教訓の析出ー国内大学への質問紙調査を通してー

Proceedings of 36th Annual Meeting of Environmental Systems Research
Conference Paper

海外地域研究

成果選集: 林業経済学会50周年記念事業(林業経済学会編)
Author:
Sinya
Takeda
Misa
Masuda
Yasuhiro
Yokota
Keywords: