Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Working Paper
本ペーパーでは、グリーンファイナンスのなかで近年その市場規模が拡大しつつあるグリーンボンドに着目し、日本におけるグリーンボンド市場を更に拡大していくための政策提言を検討するため調査を行った 。グリーンボンド市場を拡大するためには、既にグリーンボンドを起債した発行体が継続的に発行すること、また、未起債の企業が新たに発行することの二種類が必要となる。本ペーパーでは、前者のグリーンボンドを過去起債した企業を対象に、グリーンボンドの発行体がグリーンボンドを戦略的な資金調達手段として位置付け継続的にグリーンボンドを発行していくためにはどのような課題があり、どのような制度的対応等が必要となるのかについて検討した。
Commissioned Report
パリ協定に掲げる今世紀後半に脱炭素社会(温室効果ガス排出量が正味ゼロの状態)を実現させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)等の排出量が増加するなど、住民の生活環境の悪化を招いている。これらの都市の経済成長を維持しながら快適な生活環境を守っていくには、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める持続可能な都市形成にシフトしていかなければならない。 我が国は、開発途上国においてこのような取組を支援すべく...
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
気候変動対策のための途上国への資金支援については、2009年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第15回締約国会議にて留意されたコペンハーゲン合意において、先進国締約国は2つの目標を打ち出した。一つは「長期資金」(LTF: Long-Term Finance)として2020年までに多様な財源から年間計1000億米ドルを動員すること、そして二つ目は「短期資金」(FSF:Fast-Start Finance)として2010年から2012年までの3カ年で計300億米ドルの「新規かつ追加的」な支援を動員すること、であった。 このFSFは、途上国における緩和及び適応対策に十分な資金を調達するための長い道のりの中の第一歩であった。FSF実施期間は、世界的金融危機の発生後であり...
Non Peer-reviewed Article
In 季刊 環境研究 特集:地球環境資金問題
地球環境を保全しつつ人類の抱える諸課題の解決を目指す上では、新たな国際的資金メカニズムが必要であると目されて、国際社会での議論が進んでいる。本稿は、この議論を概観することにより、本誌「環境研究」の本郷に収められた諸論考のより良き理解に貢献しようと編まれたものである。 International communitiy has been promoting the argument on future financial mechanism to effectively enhance sustainabale development both in developing and developed countries.This article gives overview of this...
Non Peer-reviewed Article
In 季刊 環境研究
本稿は、気候資金に向けた資金現および資金調達・動員手法についての最近の議論・交渉を踏まえつつ、その課題と今後の展望を論じる。まず、資金調達・動員手法とも関連する気候資金の定義について論じたのち、資金を巡るこれまでの交渉の経緯を概観する。そのあと、俎上に上がっている資金源・調達方法のオプションについての評価を行う。 Tracking back the international negitiation over climate finance in thelast decades, this paperexamines carious approaches to secure and mobilise climate finance. This paper starts with seeral...
Non Peer-reviewed Article

緑の贈与~世代間を流れる資金を再生可能エネルギーへ~

In 環境市民マガジン【流れを変える】特集:気候変動の今、そして未来