Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Data or Tool
The fact sheets aim at providing updated information on the status of national climate policy and market mechanisms including the CDM, GHG emissions and NAMAs for Cambodia, China, India, Indonesia, Korea, Laos PDR, Mongolia, Myanmar, the Philippines, Thailand and Viet Nam. In Japanese. 各国の気候変動政策及び市場メカニズム(CDM、温室効果ガス排出量及び国内における適切な緩和行動(NAMAs)...
Commissioned Report
Ministry of Environment of Japan - Commissioned Report
This draft report documents progress made on the “Low Carbon Technology Transfer Preparedness Database Project”, supported by the Ministry of Environment Japan in FY 2014. The report’s key focus lies on documenting subnational data gaps, sources and access issues whilst also describing contributions made to international processes on data and...
Non Peer-reviewed Article

ミャンマーにおける開発と環境保全の歴史と最近の動向

In 日中環境産業 (Japan-China Environmental Industry)
Author:
Myanmar's move towards Green Economy and Green Growth is a part of its strategy to ensure the legitimacy of the current regime. The move is a welcome one. The key challenges will be to ensure transparent and effective natural resource governance, as well as avoid conventional air and water pollution from its industrial growth.