Results 1 - 10 of 10 (Sorted by date)
Commissioned Report
The commissioned report provides an overview of timber production and legality in Peru. It explains Peruvian policies and systems releted to timber legality in diverse aspects including legal rights, permission and harvesting practises, environmental and social considerations, transport and trade. The report also explains exsiting mechanisms to...
Keywords:
Commissioned Report
The commissioned report provides an overview of timber production and legality in Mexico. It explains policies and systems in the country on timber legality in diverse aspects including legal rights, permission and harvesting practises, environmental and social considerations, transport and trade. The report also explains exsiting mechanisms to...
Keywords:
Presentation

生産国情報:ペルー

「生産国情報収集事業」現地調査結果報告会
Author:
Ryuhei
Komatsu
The presentation provides an overview of timber production and legality in Peru, and explains necessary procedures and documents for the legal timber. Also it illustrates timber production processes and existing mechanisms to verify the legality in the country, while discussing potential risks.
Keywords:
Presentation

生産国情報:メキシコ

「生産国情報収集事業」現地調査結果報告会
The presentation provides an overview of timber production and legality in Mexico, and explains necessary procedures and documents for the legal timber. Also it illustrates timber production processes and existing mechanisms to verify the legality in the country, while discussing potential risks.
Keywords:
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords:
Book
日本の「レンジャー」が体験したアメリカの国立公園での長期滞在ボランティア。それは、それまでの“アメリカの国立公園”観を覆す衝撃的な体験だった。国立公園到着の翌日から始まった体当たりのフィールドワーク、2度のアメリカ横断。2つの国立公園での長期研修と首都ワシントンでの内務省魚類野生生物局での実務研修を通じてようやく理解できたアメリカの自然保護政策とは!? ボランティアの活用、モニタリング調査、イメージ戦略など、国立公園を訪れただけではわからない舞台裏を、日米の国立公園と国立野生生物保護区の比較しながら描き出す。国立公園ボランティアへの応募や国立公園での生活の様子などもまじえながら、アメリカの国立公園でのボランティアの役割や活躍の様子なども紹介。なお...
Commissioned Report

平成25年度生物多様性分野の代償措置に関する評価手法等調査業務 報告書

Author:
Biodiversity offset policy indication in Japan based on the experiences in Japan, the US, Australia and Europe
Conference Paper

海外地域研究

成果選集: 林業経済学会50周年記念事業(林業経済学会編)
Author:
Sinya
Takeda
Misa
Masuda
Yasuhiro
Yokota
Keywords: