Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Commissioned Report
Author:
環境省
2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画において、「地域循環共生圏」の概念が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて、他地域と資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本事例集では、他の国や国際社会に参考となるような地域循環共生圏に関する日本の16の先進的取組を紹介することで、世界の各地で地域循環共生圏を創造する取組を後押しすることを目的としています。 本書のダウンロードはこちら(PDF) https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/pdf/jirei_jp.pdf
Policy Report
アジアの国々は、居住環境の悪化、利用可能な水の減少および水の生態系サービスの損失につながる、深刻な水質汚濁問題に直面し続けている。これらの状況を考慮し、ガバナンスの観点から水質汚濁問題を解決することを目的とし、第3 回世界水フォーラムの場で日本国環境省によりアジア水環境パートナーシップ(WEPA)が提案された。WEPAでは2004年から、アジア13カ国のパートナー国(カンボジア、中国、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー、ネパール、フィリピン、スリランカ、タイ、ベトナム)の協力のもと、水環境問題問題を解決するために、関係者の能力向上及び解決策の情報・知識共有を行ってきた。 アジア地域の水質に関する問題を解決するためには...
Commissioned Report

平成29年度途上国におけるSDGs達成のための協力推進業務報告書 別冊2: 第9回持続可能な都市に関するハイレベルセミナー開催概要

This report is an annex of the main commission report on MOEJ's project for promotion of international cooperation to achieve SDGs in developing countries. This annex contains a report of the 9th EAS (East Asia Summit) High-level seminar on sustainable cities (HLS-SC) that was organised in March 2018, Siem Reap, Cambodia.
Commissioned Report
Author:
滋穂
藤井
英典
原田
酒井
紘輔
河井
清史
河村
美孝
蛯江
孝雄
岡城
周平
田中
Lien
Nguyen Pham Hong
有亮
神保
一郎
中野
本研究では,アジアの諸都市におけるフィールド調査に基づき,地域ごとの特色の適切な把握,汎用性を踏まえた系統だった制約条件の類型化,技術的な制約条件の整理と途上国における液状廃棄物処理システム整備の基盤情報の体系化,さらに,現地の制約条件に基づいた効果的な液状廃棄物管理戦略を構築する手順の提案を目指した。主な成果は以下の通りである。 ・ KJ 法を援用した参加型手法により,各都市の多様なステークホルダーの参加の下,液状廃棄物管理における潜在的な制約条件を包括的に 9 分類した。データの制約の厳しい途上国都市において制約条件を数値化する方法を構築し,8 都市を対象に数値化およびポートフォリオ化を行うことで液状廃棄物処理システム整備の基盤となる制約条件を体系化した。さらに...