Results 1 - 10 of 311 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article

大気汚染再び悪化

In Global Net
Non Peer-reviewed Article

ドイツの独創的なスマートシティ

In Fuji Sankei Business i
Presentation

COP19交渉結果 途上国森林減少防止関連 REDD+ワルシャワフレームワーク

Presentation

プロジェクトレベルの「参加」の重要性

Non Peer-reviewed Article

中国発:最近の大気汚染対策の取り組み

In EICネット
Presentation

短寿命気候汚染物質(SLCPs)の削減に関する現状と展望

Remarks: 2013年度 IGES地球環境セミナー ~COP19結果速報と今後の展望~ 配布冊子収録
Presentation

ポスト2015枠組・SDGsの動向と今後の活用可能性 - 既存提案の概要

Peer-reviewed Article

機動力連関モデルに基づく低炭素社会構築にむけたライフスタイルの転換・選択:川崎市における節電行動・代替エネルギー選択に関する主体間の機能連関分析に基づいて

In エネルギー環境教育研究
Author:
Masahisa
SATO
Takahiro
FUKAHORI
Saki
TOYODA
Hideki
NAKAHARA
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
気候変動対策のための途上国への資金支援については、2009年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第15回締約国会議にて留意されたコペンハーゲン合意において、先進国締約国は2つの目標を打ち出した。一つは「長期資金」(LTF: Long-Term Finance)として2020年までに多様な財源から年間計1000億米ドルを動員すること、そして二つ目は「短期資金」(FSF:Fast-Start Finance)として2010年から2012年までの3カ年で計300億米ドルの「新規かつ追加的」な支援を動員すること、であった。 このFSFは、途上国における緩和及び適応対策に十分な資金を調達するための長い道のりの中の第一歩であった。FSF実施期間は、世界的金融危機の発生後であり...