Results 1 - 10 of 20 (Sorted by date)
Data or Tool
IGES JCM Database provides detailed information on the JCM MRV methodologies, projects, feasibility studies, and decision-making processes. The JCM is implemented by the Government of Japan with 17 partner countries; Mongolia, Bangladesh, Ethiopia, Kenya, Maldives, Viet Nam, Lao PDR, Indonesia, Costa Rica, Palau, Cambodia, Mexico, Saudi Arabia,...
Keywords:
Data or Tool
IGES made a proposal of an MRV methodology for the JCM projects which installs solar PV systems to the JCM Joint Committee between Chile and Japan. The Joint Committee approved a methodology CL_AM001 Ver1.0 "Installation of Solar PV System" on the basis of this proposal. The attached version (PM_001) includes three documents: the JCM Proposed...
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
Author:
Jay Cummins, IAFD
Ashley Lipman, IAFD
Heather Feetham, IAFD
Three focus group workshops were conducted in June 2014 across Australia, in order to assess farmer attitude to managing risk on-farm, and the role of current insurance products for agriculture. The focus group workshop research proved to be a worthwhile exercise in firstly engaging with farmers and exploring their ideas and attitudes towards risk,...
Peer-reviewed Article
In 21st Conference of International Input-Output Association
From 1971 to 2010, world trade grew fast by 10% per year on average (World Trade Organization 2011). The rapid growth of international trade contributes not only national economic growth but also increasing environmental pressures, such as raw material extraction and depletion, carbon emissions, water resource deterioration and landscape change and...
PR, Newsletter or Other
「アジアの環境重大ニュース」は、IGESが1998年の設立以来、その研究ネットワークを生かして毎年末に発表しているものである。2010年度版では、アジアにおける重要な環境トピックとして「地球温暖化」「生物多様性」「持続可能な消費と生産」の3つに焦点を当てて、アジア太平洋地域の国際機関・21カ国からニュースを収集した。 Remarks: English version is available at: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3144
PR, Newsletter or Other
With the goal of reporting environmental issues and actions on the formation of sustainable societies in the Asia-Pacific region, since 1998 the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has gathered and compiled news on environmental issues and policies and released them annually as the top environmental news in the Asia-Pacific. This...
PR, Newsletter or Other
The 2009 edition of "Top News on the Environment in Asia" highlights three areas of significance for Asia under the section headings Global Warming, Biodiversity, and Sustainable Consumption and Production, and reports the important developments of 2009 as selected, for their own countries and for the region, by environment experts from...
PR, Newsletter or Other
「2009年アジアの環境重大ニュース」では、アジアにおける重要な環境トピックである「地球温暖化」、「生物多様性」、「持続可能な生産と消費」の3つに焦点を当て、国際機関とアジア太平洋地域23ヶ国の環境専門家が選んだ自国や地域内における2009年の重大ニュースを掲載している。 Remarks: English version is available at: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=2687
PR, Newsletter or Other
財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)では、アジア太平洋地域の環境問題や持続可能な社会の形成へ向けた動きを紹介することを目的として、環境問題と環境政策の動向を収集・整理し、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースとして公表している。 2008年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、24ヶ国から合計127件のニュースを収集することができた。これらのニュースは、必ずしも各国や機関等の公式見解ではないが、環境分野の協力機関または各国の専門家によって選定されたものであり、アジア太平洋地域における最近の環境問題を巡る主な動向がまとめられている。 Remarks: English version: http://enviroscope.iges.or.jp/modules...