Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Commissioned Report
Author:
Ministry of the Environment Japan
The Japanese government has proposed a vision called "Circulating and Ecological Economy" in the Fifth Basic Environment Plan approved by the Cabinet in April 2018. The Circulating and Ecological Economy is an idea that aims to develop self-reliant and decentralized societies by leveraging regional resources, including natural environments and...
Commissioned Report
Author:
環境省
2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画において、「地域循環共生圏」の概念が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて、他地域と資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本事例集では、他の国や国際社会に参考となるような地域循環共生圏に関する日本の16の先進的取組を紹介することで、世界の各地で地域循環共生圏を創造する取組を後押しすることを目的としています。 本書のダウンロードはこちら(PDF) https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/pdf/jirei_jp.pdf
Commissioned Report
持続可能な開発目標(SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の採択から2年以上が経過し、日本国内でもSDGsの達成に向けた動きが活発化している。企業や地方自治体も、様々な取組を始めている。SDGsは分野が広範に亘り、また内容が一般的で、例えば、「SDG2-飢餓を終わらせ」るなど究極的目標を示しているものも多く、達成のための各ステークホルダーが取るべき具体的な施策や行動が示されている訳ではない。また持続可能な開発を構成する三つの大きな側面(社会、経済、環境)の一つが環境であるため、SDGsの17のゴール・169 ターゲットの多くが環境に係わるものとなっており、環境省のSDGs実施における役割、特に企業や自治体などのステークホルダーを実施に導く役割は非常に大きい。...
Commissioned Report

H29 Keizaishakai niokeru Seibututayouseino syuryuukano sokusinn nikannsuru tyousa/kenntou itakugyoumu

Author:
Dainihon consultant
Politekku eididi
Inter risk Soken
summarize update of the research on natural capital valuation and economic valuation of biodiversity conservation. it also includes guideline for business how to address biodiversity impact on business.