Results 1 - 10 of 135 (Sorted by date)
Presentation
IGES In-house seminar
Biofuels have been rapidly taken up by many countries in the Asia and Pacific region in order to meet their energy demands and developmental needs. Biofuels have been attributed to have advantages such as mitigation of greenhouse gas (GHG) emissions, energy saving while producing them, and provision of employment. There are several studies...
Policy Brief
先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。 現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...
Non Peer-reviewed Article

排出量取引をめぐる国際的状況

In 資源環境対策
Discussion Paper
Author:
Yati A. Bun
Despite reform of forest law to embrace the concept of sustainable forest management and the development of a raft of subordinate regulations/guidelines to implement the Forestry Act, forests in Papua New Guinea (PNG) continue to be degraded by industrial-scale commercial logging operations. Numerous independent reports over the past two decades...
Non Peer-reviewed Article

ODAを使ったCDM事業 エジプトの風力発電で先例

In 日経エコロジー (Nikkei Ecology)
Presentation

CDMプロジェクトの概要と調査事例

第2回アジア循環社会創造コース 17 Dec 2007 北九州市
Remarks: Organiser; 財団法人 北九州国際技術協力協会(KITA)
Presentation

今後の地球温暖化問題の展望

IGES地球環境セミナー2007 第3回: 地球温暖化問題の行方~COP13結果速報 21 Dec 2007 東京
Presentation

Need to Reform International and Domestic Rules?

COP13 side event "Lessons learned from CDM capacity building: Is there a need to reform internation" 10 Dec 2007, Bali, Indonesia