Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In かんきょう横浜
横浜市環境保全協議会が年6回発行する「かんきょう横浜」に、IGESの研究員が交代で寄稿しています。今回は、SDGsの企業経営との関わり、自社の取組みとの結び付け方、そして、支援制度の活用とイニシアチブへの参加の意義について解説しています。
Non Peer-reviewed Article
In URBANET
The significance of environmentally sound waste management for achieving sustainable consumption and production as well as a pollution free planet was one of the key priorities discussed at the recently concluded United Nations Environment Assembly (UNEA4) in Nairobi. Recognising the co-benefits of sustainable waste management to meet the...
Non Peer-reviewed Article
In Lampung Post
The published article is basically the author's opinion related to the current unprecedented event of severe urban flood that happened in Metro City, Lampung Province, Indonesia. Based on urban planning perspective, an analysis on the comprehensive problems focusing on urban drainage system and a view on possible solutions for the city government...
Non Peer-reviewed Article
In 100 Resilient Cities Newsletter
Author:
Semarang City
CRO
Semarang became the first Asian city to release a Resilience Strategy on May 23rd, 2016. Among the document’s six pillars, number 4 is Integrated Mobility. This pillar aims to enhance the performance of the city’s mobility systems by promoting the use, improving the service quality, and enhancing the management of the public transportation network....
Non Peer-reviewed Article
In 日経コンストラクション
グリーンインフラに通じる考え方で、生態系を活用した防災・減災を表すEco­DRR (Ecosystem-based Disaster Risk Reductionの略称)が国際的に注目を集めている。これは、生態系の管理、保全や再生により災害リスクを低減するとともに、人々が日ごろから享受している様々な自然の恵みを守っていこうとするものだ。日本から海外への政府開発援助(ODA)の実施を一元的に担うJICAでは、Eco-DRRを自然環境分野の4つの戦略課題の1つとして、これまでにも関連する取り組みを実施してきた。こうした背景から、海外におけるEco-DRRの社会実装推進にJICAが果たす役割が期待されている。8月30日にグリーンインフラ研究会が開催したセミナーでは、Eco...
Non Peer-reviewed Article
In SRIDジャーナル / Journal of the Societies of Researchers for International Development (SRID)
Author:
SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs とパリ協定の達成へ向けた開発協力の今後の展望として、(1)指標の設計、(2)調整・統合された戦略・計画、(2)持続可能な都市やコミュニティのモデルプロジェクト実施、(4)戦略的持続可能性アセスメントの導入に関する4点を提言した。 The mode of the conventional development cooperation is at the turning...