2005年アジアの環境重大ニュース

2005
PR, Newsletter or Other
2005年アジアの環境重大ニュース

At the IGES, we have been announcing the top news on the environment in the Asia-Pacific region every year since 1998. This has been with the aim of collecting and organising information about environmental issues and policy trends in the region, and to report on how the region addresses environmental problems and how it works to create a sustainable society.

For this year's top news on the environment in Asia, we have collected a total of 118 news items from 3 organisations and 21 countries. These news items have been chosen by our supporting organisations or researchers, and do not necessarily represent the official views of the countries and organisations concerned. The information we have received is wideranging and, in terms of content, it covers global warming, air quality, water resources, waste and recycling, harmful chemical substances, the conservation of nature, and policy measures and systems.

IGESでは、アジア太平洋地域の環境問題及び政策の動向を収集、整理し、同地域における環境問題や、持続可能な社会形成の進捗状況を紹介することを目的として、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースを公表している。
2005年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、21カ国、合計118件のニュースを収集することができた。寄せられたニュースは、地球温暖化、大気環境、水環境、廃棄物・リサイクル、有害化学物質、自然保護、各種施策・制度など、多岐の分野にわたる。なお、これらのニュースは、協力機関または研究者によって選定されたもので、必ずしも各国や機関等の公式な見解ではないが、本地域の環境に関する最近の動向及び問題をまとめることができたと考えられる。

Date: