持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2018):サマリーレポート

Conference Proceeding

持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP)は、国際的に活躍する専門家や政府、国際機関、企業、NGO 関係者が一堂に会し、持続可能な開発についてアジア太平洋地域の視点から議論を行う国際フォーラムである。今年創立20周年を迎えたIGESと、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が年 1 回開催しており、今回で10回目のISAPとなった。
2015年の画期的な「パリ協定」と「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の採択から3年が経過し、世界、地域、そして国レベルでこれらの合意を実行に移す努力が行われてきた。低炭素社会の先にある脱炭素社会への移行、またSDGsが有する可能性を実現していくには、社会・経済の抜本的な構造改革が不可欠であるが、世界中がこうした改革の実現を阻む障壁に直面している。
ISAP2018では、トップレベルの専門家による活発な議論を通じて、ビジネスや都市が主導する行動、低炭素技術、カーボンプライシング、社会にも環境にも優しいランドスケープ・アプローチなどに対していかにSDGsを統合していくか等、幅広い戦略と解決策の効果を検証した。またIGES創立20周年記念事業として、政府、企業、学術界、市民社会を含む国際的な発展パートナーが変革を好機(チャンス)と捉えることができるようなメッセージを含む、フラッグシップ(旗艦)研究の成果をISAP2018に合わせて出版した。

Date: