国際リサイクル特区とアジア域内ネットワークの構築:資源効率の向上と途上国の環境問題の解決を目指して

Number 01

The cross-border movement of recycables presents an opportunity to develop a sound material-cycle society in the region. The solution is networking international recycling zone in countries within the region.

アジアでは、再利用可能な資源(リサイクル資源)の市場が国境を越えて急速に拡大しつつある。その主な原因は、急激な経済成長による資源需要の増大である。一方で、廃棄物の不法投棄や不適切な取扱いの問題が生じ、特に途上国では環境や健康に大きな悪影響が出ている。こうしたリサイクル資源の国際流通によって、アジアに健全な資源循環社会が構築される可能性はあるのだろうか。カギとなるのは、どうすればリサイクル資源に関し「適正な市場」の形成を促せるかである。ここでは、アジア各国による国際リサイクル特区の設置とそのネットワーク化を提案する。このネットワークによって、先進国・途上国双方でのリサイクル産業の促進のみならず、違法な廃棄物貿易を減少させ、経済的・環境的に「適正な市場」の形成を目指す。

Date: