アジアにおける環境情報公開の促進と地域協定の導入:参加型持続可能な開発を目指して

Number 02

Asian countries see many challenges for establishing freedom of information laws. The region must collaborate now to develop a policy instrument that promotes the disclosure of information on the environment and sustainable development

持続可能な開発に向けた施策を推進する上で、環境に関する情報公開を促進することは必須である。適切な情報は、人々の行動に影響を与え、環境に対する責任意識を高めるとともに、環境に配慮した意思決定を促す。欧州諸国では、オーフス条約に従って環境に関する情報公開が進められており、中南米諸国でも米州機構(OAS)主導で採択された戦略の下、同様の政策が採られている。

一方、アジアでは情報の開示は限られており、環境に関する情報公開法制度の整備に向けた課題は多い。環境に配慮した持続可能な開発に向けた情報開示を進めるため、今こそ、域内各国が協力して地域的な政策手段を進展させることが求められる。

Date: