Dr.
Chisa UMEMIYA

Results 1 to 10 of 55 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
クライメート・エッジ本号では、第4条「自国が決定する貢献(NDC)」、第6条「市場メカニズム」、第9条「資金」、第13条「透明性枠組み」、第14条「世界全体で進捗状況の検討(グローバルストックテイク)」、ここで紹介したパリルールブックの構成要素毎に、交渉の経緯や結果について詳細を論じる。
Presentation
UNFCCC SB50 Side Event, "Capacity-building for enhanced transparency"
Capacity building is essential to drive climate transparency. To discuss future capacity building strategies, it is important to understand the past trend and current status of capacity building efforts. This presentation offers two research analyses on the trend of capacity building with an example of GHG inventory development in Asia. Key...
Data or Tool
IGES Biennial Update Report (BUR) Database provides key information reported in biennial update reports (BURs) submitted by Non-Annex I Countries to the UNFCCC. According to UNFCCC COP decision 2/CP.17, non-Annex I Parties, consistent with their capabilities and the level of support provided for reporting, should submit their first BUR by December...
Presentation
Third Workshop on the CBIT Global Coordination Platform, Enhancing coordination on climate transparency
Author:
Michael
Gillenwater
This presentation highlights how enhanced Monitoring & Evaluation (M&E) can contribute to the improved effectiveness of transparency and capacity building. Three conclusions are: 1) Fill the research gap in identifying the effectiveness of capacity building approaches at the project level, 2) build M&E good practice guidance so that practitioners...
Commissioned Report
本委託業務では、カンボジア、ラオスにおける報告体制等の構築のためのコンサルテーション等を実施し、当該国における報告に係る情報収集と報告改善に向けた意見交換を行った。また、アジア地域及び中南米地域諸国を対象とした知見共有のための合同ワークショップを企画、運営し、同地域の担当官に対して、最新の交渉結果や報告に関する知見提供を行い、議論を深めた上で、報告に関する実施ルールに資するべく議論をまとめた。更に、各国が提出する隔年更新報告書(BUR)データベースの作成・公開、及びUNFCCC事務局への報告に関する意見書の提出を行うことで、成果の国際的な情報発信を実施した。
Presentation
Talanoa dialogue for support providers in South and East Asia
Capacity building support by means of international development projects is considered vital for developing countries to respond to the enhanced transparency framework of the Paris Agreement. While numerous transparency-related capacity building support has already taken place in the last 20 years, few attempts have been made to understand lessons...
Commissioned Report

平成30年度 森林吸収源インベントリ情報整備事業 (パリ協定の詳細ルール合意を見据えた 技術的課題の分析・検討)報告書

平成30年度林野庁委託事業「森林吸収源インベントリ情報整備事業(パリ協定の詳細ルール合意を見据えた技術的課題の分析・検討)」報告書
Presentation
「シリーズ:脱炭素化社会構築に向けた挑戦」
本プレゼンテーションは、パリ協定第13条の透明性枠組みの実施ルールについて、途上国の視点から見たポイントをを切り口に解説します。 ① 「強化された」透明性枠組みの実現 ② 柔軟性の導⼊ ③ 核となる温室効果ガスインベントリ ④ 新たな試み、NDCの進捗に関する指標 ⑤ ⽀援活⽤の透明性の向上
Commissioned Report

平成30年度二国間クレジット制度の対象国における効率的な制度実施体制の検討等及びMRV等の実施支援委託業務 報告書

本報告書は、環境省委託事業「平成30年度二国間クレジット制度の対象国における効率的な制度実施体制の検討等及びMRV等の実施支援委託業務」に関する成果をまとめたものである。
Presentation
日本評価学会第19回全国大会「SDGsの国内展開と評価~Localization of SDGs and Evaluation~」
温室効果ガスインベントリ(GHGI)は、2015年にパリ協定で合意された国別の排出削減目標の達成目標を決定し、進捗確認を行うための基礎となるデータである。GHGI作成支援業務は、従来から複数のドナーによって実施されてきたが、事業のキャパ・ビル効果を測る手法や枠組みは統一されていない。本研究では、ベトナムおよびカンボジアで実施されてきた複数のプロジェクトを検証した結果、資金面と類型において傾向と特徴が明らかになった。さらに、適応分野など周辺領域のキャパシティ・ビルディングの評価手法の適用可能性を検討することにより、現在のGHGIキャパ・ビル事業の評価体系を改善することが期待できる。
No Projects Found.