Mr.
Takashi OTSUKA

Results 1 to 10 of 41 (Sorted by date)
Issue Brief
Author:
国連気候行動サミット(2019年9月23日、ニューヨーク)に向けて、国連事務総長の以下の要請に応える日本の気候行動に対して提言を行ったClimate Transparency及びIGESによる「The Ambition Call: Japan」の日本語翻訳版。 ―1.5℃の地球温暖化に関する気候変動に関する政府間パネル(IPCC)特別報告書と整合する具体的かつ現実的な計画を提示すること ― 2020年までに自国が決定する貢献(NDC)を引き上げること ―今後10年間で温室効果ガス(GHG)排出量を45%削減し、2050年までに正味ゼロを達成すること
Policy Report
Author:
United Nations Environment Programme
GEO-6の内容をコンパクトにまとめた政策決定者向け要約(SPM:Summary for Policymakers)及びSPM会合ビューローメンバーによって作成されたGEO-6主要メッセージの日本語仮訳版。「健全な地球、健康な人々」をメインテーマに、現在の世界の環境を大気、生物多様性、海洋、土地、淡水、分野横断的課題等の観点から概観し、効果的な環境政策及びアプローチを検討するとともに、世界を持続可能な開発の達成に向けた経路に導くためには、環境的・経済的・社会的な活動を統合した革新的行動を今すぐ起こす必要があるという喫緊のメッセージを発信している。
Commissioned Report
本業務は、アジア域内での環境協力の更なる促進を図るため、以下の5つを主要コンポーネントとし、これらの統合的実施を図り、CAIの幅広い普及と日本国の戦略的国際環境協力の推進に貢献することを目的とするものである。 1.アジアの都市における環境対策を強化するための概要調査、2.アジア諸国との各種会合支援及び調査業務、3.環境的に持続可能な都市(ESC)に関る調査等業務、4.アジア・太平洋島嶼国における環境問題の現状に係る調査業務、5.環境省が実施する取組に関する情報発信業務
Commissioned Report
本報告書では、アジアの都市の低炭素化やレジリエンス強化に一層資するために、アジアの都市が抱えている環境課題を、既存の資料や東アジア首脳会議環境大臣会合(EAS EMM)やASEAN 加盟国等の主要なステークホルダー等を対象としたアンケートや聞き取り調査等を実施することで抽出した。また、その課題に対し、我が国の都市や企業が強みを持つ技術やノウハウの活用可能性を調査するとともに、連携して取り組むことが検討可能な国際機関、援助機関やその支援メニュー等を調査することで、都市の環境分野協力を推進するための戦略について検討の上で、本報告書を作成した。
Commissioned Report
急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、開発途上国の都市のニーズに合致するとともに、本邦自治体や企業が有する都市の環境改善ノウハウや技術等を発信しやすく取りまとめ、それらを研修を通じて途上国の都市に効果的・体系的に共有・移転することを仲介・支援する仕組みについて検討を行った。具体的には、開発途上国における研修ニーズおよび国内自治体が持つ提供可能なコンテンツの調査...
Commissioned Report

汚染地域の実状を反映した効果的な除染に関するアクション・リサーチ (1ZE-1203)平成24年度~平成25年度

Author:
Suzuki Hiroshi
Isono Yayoi
Masaaki Hosomi
Murayama Takehiko
Harashina Sachihiko
Takamura Yukari
Nanba Kenji
Shioya Hiroyasu
Sakuma Kazuyuki
Ono Satoshi
No Projects Found.