Akira OGIHARA

Former Staff (from Apr 2016 - Jun 2017 )
Results 1 to 10 of 51 (Sorted by date)
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Commissioned Report
The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint Action Plan (Climate Change Response and Transition to a Green Economy), in consultation with the counterparts from Korea and China, based on results of the previous...
Peer-reviewed Article
In Journal of Cleaner Production
Existing research on business participation in voluntary environmental programs emphasizes a variety of explanations, including regulatory pressure and incentives, market pressure, self-regulation, and firm size. However, most of this literature focuses on cases from North America and Europe. The contribution of this research is to examine how well...
Commissioned Report

デマンドレスポンス制度導入による夏季エネルギー消費量変化の推計

Author:
Chika Ishida
Peer-reviewed Article

機動力連関モデルに基づく低炭素社会構築にむけたライフスタイルの転換・選択:川崎市における節電行動・代替エネルギー選択に関する主体間の機能連関分析に基づいて

In エネルギー環境教育研究
Author:
Masahisa
SATO
Takahiro
FUKAHORI
Saki
TOYODA
Hideki
NAKAHARA
Conference Paper

低炭素都市形成にかかる政策とビジネスモデルの可能性と課題について

第47回土木計画学研究発表会
Commissioned Report

(2)主要関係国の環境政策の変遷とその要因を踏まえた交渉推進の制約要因と課題の研究(サブテーマ2)

平成24年度環境研究総合推進費 「東アジアにおける広域大気汚染の解明と温暖化対策との共便益を考慮した大気環境管理の推進に関する総合的研究(テーマ3)」 による研究委託業務 委 託 業 務 報 告 書
No Projects Found.