Mr.
Akihisa KURIYAMA

Results 1 to 10 of 118 (Sorted by date)
Presentation
BUAA-NIES Bilateral Workshop on Integrated Assessment of Health Co-benefits of Climate Change Mitigation Policy
This presentation highlights the following topics. - Relationships between 2030 mitigation target (NDC) and co-benefits such as health care and air pollution. - Assessment on the ambition of current Japan’s NDC by comparative study for model analysis and historical trend. - Showing an example on how to utilize or deliver the results from IAM models...
Data or Tool
 IGES 京都ユニット第一約束期間全取引データでは、償却または繰越された京都メカニズムクレジットを起源国別、プロジェクトタイプ別にまとめています。また現時点で活用されていないCDMクレジット(CER)の量のデータについても提供しています。(※すべて英語情報となります)  掲載した情報については可能な限りの正確性を期していますが、完全性を保証するものではありません。編者及びIGESは、本資料の利用によって被った損害、損失に対して、いかなる場合でも一切の責任は負いません。本データ中の間違い等については、 ce-info@iges.or.jp までご連絡ください。  本データの引用又はデータの加工などにつきましては、出所を明記してください。明記せずに転載・引用することは固くお断り致します。...
Presentation
Second International Conference on Energy Research and Social Science
Author:
The framework of “Just Transition” is important to implement policies towards decarbonisation of power sectors (DPS) in Japan. Using the existing DPS scenarios and employment factors for the power sectors based on an extended input-output tables, this study analysed “Just Transition” issues, along with three further aspects: distributional justice...
Data or Tool
IGES 国別登録簿データは、附属書I国各国が設置している国別登録簿内あるいは複数の登録簿間で、発行・国際移転・償却・取消された京都議定書第一約束期間(CP1)用及び京都議定書第二約束期間(CP2)の京都ユニット量を整理したものです。情報ソースは国連の気候変動枠組条約(UNFCCC)のウェブサイトおよび各国の国別登録簿に関連するウェブサイトでの公開情報です。本データはその更新時点で公開されている最新の情報に基づき作成されています。 2017年8月以降は、英語版データベースのみ更新しています。データベースの最新版にアクセスするには、下記を参照ください。 https://pub.iges.or.jp/pub/iges-kyoto-units-transfer-database...
Briefing Note
2018年8月に「エネルギー移行委員会 (ETC: Energy Transition Commission)」が「Mission Possible –Reaching Net-Zero Carbon Emissions from Harder-To-Abate Sectors by Mid-Century-」を公表した。本報告書は、炭素中立(Net-Zero)が難しいとされる重化学工業(鉄鋼、セメント、石油化学)部門および貨物、船舶、航空など旅客以外の輸送手段(以下、貨物など輸送部門)を対象に、炭素中立の技術的可能性とそれを実現するための施策をまとめたものである。本報告書は、200人を超える専門家へのインタビュー結果に基づき、世界的にも著名なコンサルティング会社(Material...
Presentation
シリーズ:脱炭素化社会構築に向けた挑戦 第二回報告会「日本の長期戦略を考える」
日本の中期目標(NDC)の引き上げ可能性について、以下の論文の研究成果に基づき発表を行った。 A. Kuriyama, K. Tamura, T. Kuramochi, Can Japan enhance its 2030 greenhouse gas emission reduction targets? Assessment of economic and energy-related assumptions in Japan’s NDC, Energy Policy. 130 (2019) 328–340. doi:10.1016/j.enpol.2019.03.055.
Peer-reviewed Article
In Energy Policy
Author:
This study investigates the stringency of Japan's greenhouse gas emissions reduction target for 2030 (nationally determined contribution: NDC), focusing on the macroeconomic assumptions of Kaya indicators and others previously overlooked, e.g. GDP per working-age population. It also conducted a decomposition analysis in light of historic political...
No Projects Found.