Ms.
Chika AOKI-SUZUKI

Results 1 to 10 of 129 (Sorted by date)
Policy Report
Author:
G7 Resource Efficiency Alliance Members
This synthesis report has been produced as a follow-up activity of the G7 Alliance on Resource Efficiency on both the Toyama Framework on Material Cycles (2016) and the 5-year Bologna Roadmap (2017) adopted at the G7 Environment Ministers’ Meetings, conducted under an initiative of the Ministry of the Environment, Japan. Reports on actions by the...
Fact Sheet
This factsheet was developed as a follow-up of the Toyama Framework on Material Cycles and the 5-year Bologna Roadmap produced by the G7 Alliance on Resource Efficiency under the initiative of Ministry of the Environment, Japan. The results were compiled by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES). Full report on “Our Actions for a...
Policy Brief
T20 Japan Task Force 3: Climate Change and Environment
This policy brief suggests six priorities for developed and emerging economies represented by G20 countries to mainstream circular economy and society globally, as follows: 1) need to capture the momentum raised by public attention on marine plastic pollution; 2) raise the level of ambition of Extended Producer Responsibility; 3) provide policy...
Briefing Note
UNEA4では、会合全体のテーマである「環境的課題と持続可能な消費と生産のための革新的な解決策(Innovative Solutions for Environmental Challenges and Sustainable Consumption and Production)」に見られるように、SCPが環境・持続可能性の課題を解決する上で鍵となる横断的なアジェンダとして注目を集めた。本ブリーフィングノートでは、UNEA4におけるSCPに関する議論を採択された決議を踏まえて概観し、循環経済と資源効率、持続可能なインフラ・移動などの横断的な領域、持続可能なライフスタイルへの転換の3つの文脈から整理する。さらに、持続可能なライフスタイルに関する分析の一例として...
Commissioned Report

平成30年度 環境及び持続可能な社会の分野における経済協力開発機構(OECD)との連携に係る 調査等業務 業務報告書

平成30年度環境及び持続可能な社会の分野における経済協力開発機構(OECD)との連携に係る調査等業務 業務報告書
Commissioned Report
平成30年度多国間協力を通じた3R推進に関する調査業務では、UNEP国際資源パネル(IRP)および経済協力開発機構(OECD)資源生産性廃棄物作業部会(WPRPW)支援業務を実施した。この他、G7資源効率性アライアンス支援、富山物質循環フレームワークフォローアップ調査、並びに循環経済促進のためのプラットフォーム(PACE)の活動支援等を実施した。
Presentation

Resource efficiency and circular economy at multiple levels

T20 Kick-Off Meeting Task Force 3 Climate and Environmental Issues
Author:
Jun
Nakatani
Kiyo
Kurisu
Eri
Amasawa
It is to present a draft concept of policy brief on circular economy for T20 process.
Keywords:
Presentation
エコプロ2018シンポジウム「ゼロからわかる海洋プラスチック問題」
日時:12月6日(木)14:00~16:30 主 催:一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB) プログラム: ◆テーマ:「ゼロからわかる海洋プラスチック問題」 ◆JBIBの活動紹介と趣旨説明(14:00~14:15) JBIB事務局長 足立 直樹 趣旨説明 JBIBの活動紹介 ◆講演(14:15~15:55) 基調講演1. 磯辺篤彦氏  九州大学 教授 基調講演2. 堀田康彦氏  公益財団法人地球環境戦略研究機関 ディレクター/上席政策アナリスト 講  演   三沢行弘氏  WWFジャパン 自然保護室 海洋グループ 講  演   井上雄祐氏  環境省 環境再生・資源循環局 リサイクル推進室 室長補佐
Discussion Paper
循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。
No Projects Found.